Pocket

20160415blog_furuhata_phote_name

From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

本日の内容は、

「続ける」を実現する簡単なこと

です。

三日坊主にならず続けたいなら考えておくこと』で、

やらない日があってはならないことが重要なのか
やらない日があってもやり続けることが需要なのか

考え方一つで続けられるとお伝えしました。

やらない日があっても気にせずやる
と最初に決めておけば良いのですね。

 

「そんなことはわかっている。
でも、できなくなっちゃうんだ!」
とあなたは思ったかもしれません。

私もそうでしたから。

「わかっている。
わかっているけれど、
やらなかったことを理由にしちゃうんだよな」と。

これを回避する簡単な方法があります。

それは、

5分でも良いし、
考えるだけ、見るだけでもよいので、
やり続けると決めた内容に関係することを必ずやる

ことです。

やらない日ができると
「あーあっ、昨日やらなかったから、、、」
とそのことをやめる理由にしたくなります。

それならば、
やめる理由になる「やらない日」を作らなければ良いのですね。

 

予定した内容をやると1時間かかるとしましょう。

他のことに時間を取られて、
予定した内容をやるだけの時間が取れないとします。

このような場合、
やらずに済ませてしまいますよね。

そこで、全くやらないよりは、
5分間だけでも関係することをやります。

5分ならば割けると思います。

資料の数ページに眼を通す。
考えついたキーワードを書き出しておく。

このようなことならできると思います。

1時間を割かなくて良いです。
予定した通りの内容ではなくて良いです。

僅かでも「やった」という実績を残します。

私の言っていることが、
あなたはお分かりになると思います。
これならできますよね。

このようにすれば、三日坊主を避けることができます。

本日は次の点、

やり続けようと思うなら、
少しでも良いので関係することをやる

を忘れずに覚えておいてくださいね。

 

とはいえ、「やり続ける」ためには、
そもそも押さえておく点があります。

それは、、、

次のお話でお伝えします。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket