Pocket

20160418blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

本日の内容は、

継続できない、三日坊主になる本当の原因

です。

あなたは、今、日記を書いていますか?
今までに、日記を書いたことがありますか?

小学校低学年の時には、
夏休みの宿題で、絵日記を書きましたよね。

大抵、休みの終わりに、
まとめて書くんですけどね。(笑

中学校ぐらいまでは、連絡帳のような形で、
先生に日記のようなものを書いて毎日提出、
先生がコメント書き込んで返却、
なんてことがあったと思います。

 

社会人になってからはどうでしょうか?

ぶっちゃけて言うと、、、
私は、今は日記を書いていません。

社会人になってから、
全く書いことがないわけではないんですよ。

「来年からは日記をつけるぞ!」
とある年末に思い立ちました。

文具店に行って、日付つきの日記帳を選びました。
大学ノートに書くのではなく、

専用の日記帳を用意すれば書くだろう

と考えたからです。

年が明けました。
元日、二日目、三日目。なんとか書きました。

前回までにお伝えしたように、

日記らしくなくても何かを書く

をなんとか続けていました。

1月が終わり、2月も中旬まで、
なんとか続けていました。

2月が終わる頃には、、、
書かなくなっていました。(汗;

3月以降は未記入の日記帳が、
本棚に残っただけでした。

 

数年経った後の年末、
「来年から日記を書こう!」
とまたまた思い立ちました。

今度は、3年分を記録できる日記帳を買いました。

3年書くとなれば、
そう簡単に書くのをやめることはない、
と考えたからです。

この時は頑張りましたよ。

時々書かなかった日もありました。
本当に一言しか書かない日もありました。

それでも2年間、書き続けました。

「すごいでしょ!」
と自分でも思っていました。
ちょっと自分を褒めていました。

それでどうなったのかというと、、、

3年目が終わった時、
3年目の記入欄は空白でした。

そうなんです!

2年間書き続けたのに、
3年続けることはできませんでした。

3年目の欄が空白の日記帳を手に、

「なぜだーーーっ!」

と年末に髪をかきむしりましたよ。(笑

 

あなたにも、日記に限らず、
私の日記と同じような経験がありませんか?

髪をかきむしりながら、私、考えました。

「なぜ日記を書こう!と
私は思ったのだろう?考えたんだろう?」

という疑問が浮かびました。

一所懸命に考えましたよ。

「どうしてだ?
どうして日記を書くんだ?
日記を書いたらどうなると思ったんだ?」

正直に言いますね。

この疑問に、
私自身が答えられませんでした。
答えがなかったんです。

自分自身に、日記を書く理由がないなら、
それは続かないよな

これがわかった時、スッキリしました。

継続できない、三日坊主になる最大の原因。

それは、

続ける理由がない

からです。

日記を書かなくても、
私自身には何も影響がありません。

「あーあっ!今回も続かなかったな」

と言いながら、

”それで何か困ることはないし”
と心の声が言っていました。

その心の声が聴こていませんでした。
聴こえていたかもしれませんが、
聞こえないようにしていただけかもしれません。

 

続けられずに三日坊主になる原因は、

続けなければならない理由、
続ける必然性がない
からです。

止めても、本人には痛くもかゆくもないからです。
止めても影響がないと考えているからです。

何かを

「続けよう。三日坊主になりたくない」

と考えるなら、

自分が続ける意味と必然性

を明らかにしましょう。

「本当に続けることが必要だ」
と心底思えるなら、黙っていても続けますよね。

そこを曖昧にしてやり始めるから、
続けることができません。

私の日記と同じです。

私の言っている意味がお分かりですよね。

 

あなたが、
継続したい。三日坊主にならないようにしたい
と考えていることがあると思います。

続ける理由を一度、書き出してください。
それをお問い合わせに記載して送ってくださいね。

「送る」ことが、
続ける理由を考え、明らかにする行動になるからです。

「理由」の中身も大切ですが、
「考え書いて送信」の行動に意味があります。

安心してくださいね。
返信の内容は公表しませんから。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket