Pocket

20160421
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は、

問題・課題が解決しないのは、
本当の原因に気づいていないから

です。

 

あなたは、日頃から、
会社経営、業務の問題点、課題を解決しようと考えているでしょう。

中小企業の役員だった時には、
私自身、毎日、解決策を見つけ出すことに頭を悩ませていました。

解決策を見つけ出すには、
まず原因を明らかにする必要があります。

「これが原因だ!」を見つけ出して、
その原因を取り除く解決策を考えました。

実施すれば、問題・課題は解決するはずでした。

解決策を実施した結果はどうかというと、、、

 

状況は少しは変わりますが、解決!にはなりませんでした。

しばらくすると、解決策の実施前と同じように、
また問題・課題に頭を悩ませていました。

それでも、

やらないよりは何かやったほうが良い
やらなければ変わらない

と考えて、いろいろ取り組んでいました。

 

ある時、私が師匠の一人と慕う方と話をしていた時に気づきました。

今思えば、師匠が私に気づかせようと、
話す機会を設けてくれたのだと思うのですが。

何に気づいたのかというと、

課題、問題が解決しないのは、
原因を見つけたと思い込んでいただけ。

本当の原因にたどり着いていなかった

自分の状況でした。

このことになぜ気づかされたのかというと、

師匠から、

「原因と考えていることを取り除いたら、
この課題・問題は、
本当になくなると考えているの
?」

と質問をされたからです。

私はその時、
この質問に確信を持って答えられませんでした。

そのあと、師匠から繰り出される質問に、
何一つ、自信をもって明確に答えられませんでした。

師匠に教えられて考えていくと、
根本、根元に当たる原因が、ボロボロと導き出されました。

実際にその原因に対する解決策をやると、
容易ではありませんでしたけれど、
始めると簡単に問題は解消していきました。

問題の再発もしなくなりました。

それで売上はアップしたし、
社員の仕事への意欲も増しました。

結果、私は、以前よりは楽チンで、
事業をするめることができました。

 

「原因をみつける。原因を明らかにする」
と私は言いながら、

すぐに見つかる簡単な事柄を
「これが原因だ!」
と勝手に捉えていただけでした。

「早く問題・課題を解決をしたい!」

この想いに引きづられて、
そこそこの原因究明で満足していただけでした。

はやく解決策の実施にこぎつけたい
と気持ちがはやっていただけでした。

その結果、
いつまでも問題・課題が解決市内状況に、
頭を悩ませるだけの繰り返しでした。

行動することは大事です。

ただし、それは、

根本の原因を見つけ出している

という前提があるから効果があります。

ほとんどの場合、
本当の原因がわかっていないから
成果・結果を手にできずにいます。

多少時間と手間をかけても、

本当の原因を見つけ出してしまえば

問題・課題を解消することは難しくありません。
問題・課題が再発することも、なくなりますよ。

 

私が言っている意味が、
あなたはおわかりましたでしょうか?

あなたが抱える問題・課題と、今、原因と考えていることを、
お問い合わせから私に教えてください。

少しアドバイスができるかもしれません。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。
 
ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket