Pocket

20160428_2
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は、

時期を決めること

です。

あなたは、いつシーツを取り替えていますか?
寝る時に布団やマットの上に敷くシーツです。

 

先日、芸能人のトーク番組を、チラチラ見ていた時のことです。

AKB48のメンバーM・Mが、
シーツの取り換え時期の話題になった時に、

「事件が起きた時にだけ替える」

ということを言っていました。

”事件”というのは、
酔って吐いたようなシーツが汚れた状況を指しているようでした。

番組出演者の半数からは、

「寝るだけでコップ2杯の汗をかく。
本当は毎日替えたいけれど、、、

 少なくとも1週間に1度は替えないと」

と猛反発をくらっていました。

 

洗いたてのシーツは、
肌触りも香りも気持ちがいいですよね。

M・Mがなかなか替えないように、
洗濯をして干すことを毎週やるのか!
となると、面倒だなぁというのはわかります。

見た目、汚れていないから、
別にいいんじゃね?

と考えるだろうこともわからなくはありません。

なんで替えないのか?というと、

直接、自覚症状のある健康被害がないし、
見た目も汚れがわからないし、
一晩でコップ2杯の汗をかくことを知らないし、
それが菌やダニなんかの温床になることを知らないし、、、

と知らないことばかりだからでしょうね。

理由はどうあれ、
替える時期を決めていないから、
汚れていないとか健康の害がないとか理由をつけて、
ズルズルと替えずにいます。

 

経営・業務でも、
時期を決めていないために
非効率、不具合を見逃しているケースは少なくありません。

以前、関わったある会社でのことです。

社内の業務の依頼事項の伝達用の手順と書類がありました。

携わっている役職者・社員からは、
書類が多くてわかりづらい、手間がかかる、
という不満が以前からありました。

組織や業務分担が変わっているのに、
最初のやり方をそのまま引き継ぎ、
不満もそのままにしていました。

手順と書類を整理すると、
書類の記入量は半分近くに減り、
手順も2/3になりスッキリしました。
伝達ミスがなくなりました。

同時に、組織が変わる時には、
手順と書類をチェックし替えると決め、
組織改定のルールに組み込みました。

それ以降、頻繁に組織改定をしますが、
その度に手順と書類はチェック・改善され、
不満はでないし、ミスもなくなりました。

 

手順、書類のチェックは面倒です。
シーツの交換と似ています。

多くの改善が続かない理由は、
問題が出たら改善しようと考えているからです。

汚れたらから替えるシーツと同じです。

面倒だから先延ばしになり、何も改善できません。
問題を闇に葬ります。(笑

だからこそ最初に、
改善する、チェックをする時期を決めます。

シーツを1週間に1度替える、
と決めることと同じです。

時期が決まっていれば、
多かれ少なかれチェックをするでしょう。

チェックをしたら
改善をすることにつながりますよね。

私の言っていること、あなたはおわかりですよね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket