Pocket

20160502
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は、

能力があっても結果が異なる

です。

あなたはSNSに投稿をしていますか?

SNSへの投稿内容が、時々ネット上で物議を醸し、
炎上騒ぎになることがありますよね。
幼児の喫煙動画を投稿して、事件になることもありました。

この手の話が出ると、情報番組のコメンテーター様が、

「自分が投稿した内容が、
どのような影響をもたらすのか想像する力がない」

ことを指摘しますよね。

「自分の投稿を見た人が、
どのように感じるか想像して投稿をして欲しい」

と毎回言っていますよね。

事件とか炎上をしなくても、

すごい経験を私しているでしょう!
私(子育てとか)頑張っているでしょう!
私セレブっぽいでしょ!

と「自意識過剰だよね!」と思える投稿も少なくありません。

物議を醸し炎上するような投稿をする人を含め
本当に想像力がないのでしょうか?

・・・

・・・

・・・

いかがですか?

「想像力がない!とは全く思えない」と私は考えています。

実際は、想像力はとてもある!と考えています。

このような画像とメッセージを投稿すれば、

私が目立つ
格好良く・セレブに見える
頑張っている人と評価される

と想像できるから、同じような投稿を続けられるのだと思います。

見る人にも役に立つ情報を知らせたいと考えるならば、
投稿する画像、コメントは変わってくるでしょう。

物議を醸すのか、炎上するのか、「自信過剰だよね」と評されるのか。
それとも役に立つと評されるのか。

その差は想像力の有無ではなく、

何を求め、どのような目的で
想像力を働かせているかの違い

だと思います。

根本がズレると、
能力があっても発揮する方向が変わり、
結果も大違いになるということです。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket