Pocket

20160606
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は

1+1は2を越えられない

です。

経営に関する話の中で、

1+1>2

になる、あるいは2を超えるようにする、
という話がありますよね。

相乗効果(シナジー)があるから、

1+1は2をはるかに超えるんだ

という理屈です。

このことを、あなたは本当だと思いますか?

 

はっきり言いますけれど、、、
ほとんどの場合、こんなことは起きません。

例えば、社員のことを考えてください。

あなたの会社には社員が何人いますか?
その人数分以上の成果が出ているでしょうか?

ほとんどの場合、この答えは「ノー」です。

1+1>2を超えるのは、
本当に厳選した数人で仕事をしている間だけです。

そのあとは、社員が増えるほど、
人数分の仕事はできなくなります。

理由は簡単。

同じ仕事をする人が増えると、

「これは誰かやってくれるだろう」

他の人に依存し、自分ではやらなくなるからです。

人数が増えるほど、依存度する相手が増えるので、
結果の減少度合いは増します。

人の心理的な影響なので、
組織構築、人材活用に対する考え方と、
それを実現するノウハウを持ち合わせないと、
人が増えるほど成果は出なくなります。

多くの場合、
組織構築、人材活用のノウハウがないので、
1+1<2の状態に陥ります。

ノウハウがあるならば、
毎半期頃に組織を変えることも、
しょっちゅう人事異動を繰り返すこともありませんから。

同じように、
M&Aによってグループ会社化を進めても、
それぞれの会社はよくなることは多くありません。

あなたの周りにも、
グループ化していながら、
個々の会社同士の関係性が薄い企業グループって、
少なくないと思いますよ。

一緒になれば相乗効果が出る、
なんて甘い話ではない
からです。

相乗効果とか、シナジーとか、1+1>2になるという、
ホワッとした考えから脱却しましょう。

本当に成果を出したいならば、具体的に考えましょう

  • 社員一人ひとりの成果を出すにはどうしたらよいのか。
  • どのような組織構造や役割にすると、依存度合いを下げて、個々人の能力を最大に発揮できるのか。

M&A、グループ会社化でも、同じことですよ。

私の言っていることがおわかりですよね。

「そうだと思っていた!」という感想、
あるいは「そんなことはない!」という反論。

どちらでも構わないですよ。
あなたの考えを問い合わせから教えてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket