Pocket

20160615
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は

できていないことを人はことさらに言う

です。

ある会社でのことです。

会議が多い、
会議が長い、
でも何も決まらない。

これでは業務ができないということで、
社内で問題になりました。

解決策として、
会議は原則30分以内とする。
それ以上になる時には、事前に総務部長に申告・承認を得る
ことになりました。

他にも、

事前に議事内容を告知する、
関係する人だけを参加者にする
議長を設ける
タイムキーパーをおく

こともを併せて実施すると、
役職者以上が出席する経営会議で決まりました。

決まったのですが、
原則30分以内の会議には、出席者から難色が示されました。

そこに出席していた社長。

「僕はいつも30分以内だよ。

 人に面会する時も30分だし、
そもそもアポの時、相手には30分でと言っているし。
不要なアポは断っているし。

 外部に対してできるのだから、
社内は当然、取引先とだってできて当たり前でしょう」

と発言。

その流れで30分以内の会議は決まりました。

しかし、その後すぐに、
30分以内の会議は実施されないくなりました。

以前同様、
またグズグズと会議は長く、会議が多い状態が続いています。

役職者や社員の意見は、

「社長は自分ができていると言っているけど、実際は違うんですから」と。

どういうことかというと、、、

予定が入っていても、
社長はいつも遅れて会議に参加です。

30分経たないうちに、
「次の予定がありますから」と席を立ってしまいます。

「あとはやっておいて」と残った役職者、社員にお任せです。

しかし、自分が招集する、役職者以上が出席する経営会議は、
3時間以上が当たり前です。

この状況を、社員はみーんな知っています。

「30分で会議も面談も終わっている」は、社長が勘違いしているだけです。
思い込んでいるだけです。

「自分はできている」

このようなことを考え出したら、
このようなことを言い出したら、
注意が必要ですよ。

ほとんどの場合、
それは本人の単なる勘違い。思い込みです。

できている人は、
「僕はできているから」
「僕ができるから君もできる」
なんて、そんなに簡単に口にしませんよ。

どのように考え、どのようにやるのかを
アドバイスはするでしょう。

原因を明らかにするとか、
解決する方法を考えることはするでしょう。

しかし、

自分ができているから他の人もできる

などという根拠にならない発言はしないものです。
これほど無意味なことはないですからね。

考えてもみてください。
これが成り立つならば、できる人ばかりになりますよね。

現実には、
できる人ばかりにはなっていないし、できる人は多くはないからです。

あなたもこのようなことを
言わないように注意しましょうね。

「僕はできているから、できて当然」のようなことを言うと、
社員はよく見ているので、
いとも簡単に社員からの信頼を失いますよ。

私の言っていること、
あなたはおわかりになりますよね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket