Pocket

20160714
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は

目標を決めるからうまくいかない
成果を出すために必要なこと

です。

経営・事業について、あなたには目標がありますよね。

今期の売上◯億円。
利益◯千万円。
新規顧客獲得、前年の◯%増し。

などなど。

あなたは目標を達成して、成功を手に入れているでしょうか?

ギリギリでなんとか達成している。
現実にはナカナカ達成できない。

という状況ではないでしょうか。

正直に言いますが、、、

目標を決めるほど、
達成はうまくいきません。成功から遠ざかります。

なぜなら、、、

目標は途中のことだからです。

何の途中かお分かりですよね。

経営・事業で到達したい将来の姿。
それを実現するために、
途中で達成する状況が「目標」に当たります。

この説明を読むと、目標についてずれていることが、
あなたにはお分かりになりますよね。

突然、来期の目標はこれ!というのは、
「異常、おかしい、変だ!」ということです。

将来に実現する姿があり、
それに到達するために今期はこれが目標だ

という関係です。

この関係なく、関係を示すこともなく、
今期の目標が突然出てくるから、だれも真剣に取り組みません。

実施することの意義、意味が全くわからないからです。

目標達成は、

経営者・社長の思いつきだ。
社長のええ格好しいなだけじゃないか!
結局社長が儲かるだけだ。

のように社員が思うだけですよ。

経営・事業で実現する将来の姿。

これを明らかにしましょう。
将来の姿の実現と関連付けて、目標を設定しましょう。

で、すでにお気づきだと思いますが、、、

この関係性で考えると、
今期の売上◯億円
のような目標が突然出てくることは、

絶対にありえない!

わけですね。

私が言っていること、
あなたはおわかりになりますよね。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket