Pocket

20160720
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日の内容は

あなたの知恵の使いどころ

です。

昨日の記事
経営・事業の結果を得るには「はじめてのおつかい」!
を読んだ知り合いの方が電話をしてきました。

「はじめてのおつかい」を観てどうだったかという最初の話は割愛しますね。

電話の相手の知り合い:

「指摘していた点は、話としてはわかりますよ。

 ただですねぇ、
実際のおつかいの時は、
番組の場合は、スタッフが周りにいて、
危険や事故が起きないように注意しているわけですよね。

 私たちの経営では、
安全を担保するような撮影スタッフはいないわけで。

 だから慎重になって、
どんな危険があるのかを考えてしまうわけですよ。

 だから、理屈はわかるけど、
実際には難しいわけで、、、」

と言うのですね。

電話でのやり取りは長くなるので割愛して、
ポイントをお伝えしますね。

指摘してくださった点はよくわかります。

だからこそ、「知恵」を使うんですよね。

その「おつかい」の中身に無理がないのか、考えますよね。

”何時間も電車を乗り継いで、
あれもこれも買ってくる”
なんてことを、いきなり子供に、
お使いさせるわけにはいかないですよね。

あまりにも無理なこと、
難しいことなのかどうか、
判断するために知恵を働かせましょう。

安全を図るスタッフはいません。
だからこそ、
事前に何が起きそうか、どんなことが生じるのか、
それを知恵を使って見つけましょう。

で、ここまでやっている方は、少なくないと思います。

問題はこの先です。

起きそうなことを考えて、
「だから危険だ、できない、やれない」と言っていませんか。

知恵で見つけ出した起きるかもしれない事柄を、
やらない理由、言い訳にしていることは少なくありません。

これは「知恵の使いどころ」ではありません。

起きるかもしれない事柄に、

どのように対応するのか、
どうやれば乗り越えられるのか

知恵を使って準備します。

やらない言い訳を考えるのではなく、
やるための準備、対応に、あなたの知恵を使います

「実行」を考えることを、知恵の使いどころにしましょう。

知恵が思いつかないならば、、、

知恵のある人に相談しましょう。
協力をお願いしましょう。

自分で全てを請け負う必要はありません。

誰から力を借りるか、
どのように力を貸してもらうか、
を考えることもあなたの知恵の一つです。

というお話を、電話をしてくださった方にしました。

で、早速、その方から協力の依頼をいただきました。
来週にはお会いして、活動が始まります。

知恵の使いどころを選んでください。
知恵の使い道を選んでくださいね。

私が言っていること、
あなたはおわかりになりますよね。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket