Pocket

こんにちは。

売り上げとモチベーションを一度にアップする専門家
ウィズスマイル 降旗(ふるはた)です。

経営におけるマネジメントは、
社員がおこなう仕事を管理するのでしたね。
参照:マネジメントで管理するものとは?

マネジメントで成果を手に入れるためには、
もうひとつ、大切なことがあります。

それは、、、

「社員を育成する、成長させる」

ことです。

「OJTというのは、効果があるでしょうか?
今やっているので、
効果があるならば続けたいし、
よりよくしようと思うのですが、
どうなのでしょうか?」(サービス業 経営者)

とのご質問をいただきました。

今回は、OJTとは何で、
OJTをおこなう意味、
OJT研修は効果があるのかどうか?
という点を明らかにします。

 

■ OJTはダメです!

OJT(オン ザ ジョブ トレーニング)。

職場の上司・先輩が、
日常の仕事・業務をおこなうことで、
社員に必要な知識・技能・仕事への取り組みなどを、
教える教育、育成、研修方法のこと。

職場内訓練とも言いわれています。

仕事の場を離れて行う人材育成(能力開発)を、
OFF-JT(オフ ジョブ トレーニング)と呼びますが、
これとセットになっている社員の育成方法です。

セットなのですが、
OJTは語られても、
OFF-JTはほとんど語られることがありませんね。

不思議なことです。(笑)

このOJT。

あなはた、よくご存じでしょう。
実際に取り入れ実施してる会社も少なくありません。
OJTがもっとも頻繁に用いられる状況が、
新入社員教育のときです。

新入社員研修には、
今は時期はずれですか?(笑)

しかし、、、

そろそろ来春の新入社員の育成方法を、
実は考えておく時期です。

本来は、内定者への研修からスタートして、
新入社員研修は、
一連のつながりを持った研修ですから、
今から基本の考えの上に、
構築されているものですからね。

OJTは、社員を育成する方法のひとつです。
したがって、
当然「場づくり」の要素があります。

ただし、
あくまで育成、研修方法の、
ひとつにすぎません。

なんでもかんでも「OJTでOK!」
というわけにはいきません。

うまく適用できる場合もあれば、
実は不適切な場合もあります。
よって質問へのお答えは、

「OJTは人材育成のひとつの方法です。
適不適があるので、よく見極めて、
他の研修方法も考慮してください」

となります。

以上!終了!

・・・

とは、いきませんね。
ハッキリ、キッパリ言ってしまいます。

「OJTをやってはダメ!」です。
「OJTは社員の人材育成には使えません!」

 

■ OJTが原因だ!

ほとんどの会社では、
OJT研修をやってはいけません!
OJT研修は効果がありません!

 

なぜでしょうか???

OJTをやることが、
あなたの会社をダメにしていくからです!

 

あるサービス業の会社。

ズーッとOJTをやってきました。
OJT研修により、社員を育成してきました。

最近この会社で、
どの様な状況が発生しているか?
というと、、、

仕入れのルールに沿わない形で、
いつのまにか、
物品が仕入れられています。

お客様との商談内容を記載するシートへの、
記入内容がバラバラです。
対応漏れや言った言わない騒動が、
毎日のように起きています。

シートの回覧先が、
担当営業によってバラバラ。
見た、見ないと、
現場での言いあいが、
しょっちゅう起こっています。

その結果、

・お客様からのクレームが増えている。

・「アレだけ言っておいたのに!」と、
お客様から叱られることが増えている。

・サービスを提供する段階で、
漏れが発覚して、
現場での応対が大騒ぎになる。

のような状況です。

好ましい状況、適切な状態とは、
お世辞にもいえませんね。

「この会社の今の状況を引き起こした原因が、
この会社がやっているOJTにある!」
と言ったら、
あなたは驚くでしょうか?
「そんなバカな!」と思うでしょうか?

 

■ OJTには意味がない!

OJTは、
現場の実務で必要な知識や技能を教えますね。

ということは、、、
・実務で必要な知識や技能が標準化され
それに沿って実務が行われている

・現場の誰もが、
OJTの対象となっている業務について、
同じ知識と同じ技能を持っている

これがOJTをおこなう最低限の前提です。

この状態であれば、
社員を育成し、
現場業務ができるようにする、
というOJT本来の目的が達成できます。

それを実現している例が、
あなたもよくご存じの、
マクドナルドのマニュアルですね。

店舗スタッフ向けの、
ぶ厚い作業マニュアルが整備され、
それに沿って教え込まれるなら、
最低限の業務知識と技能を、
短期間で身に付けることが可能です。

「マニュアル化の弊害、均質化だ」
と言われながら、

しかし、マクドナルドの店頭対応は、
「断然凄い!ダントツ!」とは言えないけれど、
「充分満足」の対応を、
どのスタッフもしてくれますね。
マクドナルドの店舗スタッフは、
一応、一定のレベルはクリアしています。

一方、あなたの社員はどうでしょうか?
全員が一定のレベルをクリアしているでしょうか?

 

■ 会社ではバラバラです!

で、会社の中をよく見てみると、、、

マクドナルドとは言わないまでも、
業務・作業・仕事に関するマニュアルは、
整備されていますか?

マニュアルはなく、
すべて口頭で伝えて、
社員がメモをして身につける。

このような会社は少なくありませんよ。
マニュアルが整備されてれば、
作業・業務が、プロセス・手順として、
標準化されているでしょう。

しかし、マニュアルがないほうが多いわけです。
業務の標準化にはほど遠い、
という会社はたくさんありますよ。

今までやってきたから、
このやり方で、
私は合っていると思っている。

だからやっているし、
それを新入社員に教えている。

ルールはあるけれど、
こちらでやってもできちゃうから、
簡単なほうでいいと思っている。

それを教えているだけ。

マニュアルは昔はあったけれど、
ロッカーにしまわれたきりで。
今更だしてきても、
内容がいまのやり方にあっていないし、、、

残念なことです、
OJTを実施する前提が、
全く満たされていません。

こんな状況の会社、
実はゴロゴロしています。
大企業や上場企業でも、
たくさんありますよ。

前提が整わない状況で、
OJTを進めれば、
どうなるでしょうか?

育成をしているようで、
不適切なことを教え込んでいる状況です。

仕事を一定のレベル以上にしようとしているのに、
仕事の質を劣化させるだけですね。

 

OJTは人材育成の『場』づくりになる、
とは安易に考えてはダメですよ。

OJTをやれば、
社員の育成ができる、
と安易に考えないことです。

OJTをやりましょう!
OJTで社員を育成できます!
なとど吹聴する人事コンサルの言うことを、
真に受けてはダメですよ。

OJTをやるためには、
整えておく前提があることを、
覚えておいてくださいね。

 

あなたの意見・感想を聞かせてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket