Pocket

20160819
blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥

本日は、

コストカットはお止めなさい!

です。

コストカット。経費削減。

聞いたことがあなたにもあると思います。

経費を切り詰めることです。

ある飲食関連の会社でのこと。

業績が芳しくないので、
会計系のコンサルタントに経営改善の支援を依頼しました。

会計系コンサルタントなので、会計情報を精査しました。
原材料費の比率が高い、という点を見つけ出しました。

その会社の原材料費は35%を超えていたので、
25%程度に抑える削減を提案。

飲食の仕入れ担当者に指示。取引先と交渉させました。
最終的に原材料費を26%台にまで絞り込むことに成功しました。

もう一つの例は、ある販売会社でのこと。

社員を採用すると人件費が増え、固定費が増すので、
その会社では社員採用を抑えていました。

その代わり、派遣社員をかなりの人数いれ、業務を担当させていました。

業績が芳しくないので、経費削減として派遣社員をバッサリ削減しました。

先ほどの飲食関連の会社と販売会社。
業績を回復したでしょうか?あなたはどう思いますか?

飲食関係の会社は、売上・利益の低迷にさらに拍車がかかり、
危機的な状況にまで落ち込んでしまいました。

販売会社の社員は忙しく働き、以前より残業が増えたのですが、
売上はドンドン下がり利益は激減していきました。

経費削減をしているのに、
なぜ売上、利益が悪化するのでしょうか?
なぜこの様なことになってしまうのでしょうか?

飲食関係の会社は、食材の良さ、高級さが売りだったからです。

原材料費を下げたことで、
食材の質が下がりお客様が逃げていきました。

販売会社では、
業務の多くを派遣社員が担っていたために、
その分を社員が肩代わりすることになり、
売上に関係する業務ができなくなってしまいました。

業績をよくするための経費削減のはずが、
却って売上・利益に悪い影響を及ぼしました。

経費は「必要な費用」を指します。

質の良い食材、派遣社員。
これはどちらも、経営・事業を行う上で必要なことです。

この部分を抑えることは、必要なものを得られない、ということです。

飲食の会社なら、必要な質の食材が得られません。
販売会社は、事業運営の業務処理を得られません。

費用削減、コストカットをすれば、
事業を行うために必要なことが手に入らなくなることになります。

当然、売上・利益に影響しますよね。

「経費を削減したいのではなく無駄を取り除きたいんだ」
という言い分もあるでしょう。

「無駄」を取り除きたいのなら、
業績が芳しくないからではなく、日頃から対応しておくことですよ。
無駄は常に取り除くものです。

コストカット。
経費削減。

もうこの発想は止めましょう。
この言葉は、
あなたの経営用語の辞典からは、消し去ってくださいね。

コストカット、経費削減ではなく、無駄を取り除きましょう。

そして無駄を取り除くことは、
業績に関係なく日頃から注意して、取り組むことですよ。

私が言っていること、
あなたはおわかりになりますよね。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket