Pocket

20161019
blog_furuhata_phote_name FROM:事業と経営を創造し売上アップを実現 ウィズスマイル 降旗

今朝は気温がとても下がる、
との天気予報でしたが、
体感はそれほどでもありませんでしたね。

日中はまた暖かくなって、
9月のような陽気で、
ちょっと汗ばんでしまいました。

さて、本日は、昨日のお話
「その視線が怖い」とあなたも感じると思います。
の逆バージョンです。

チェーン系のカフェは、
空き時間に仕事をするなどで、
一人で結構使うことがあります。

路面に面したカウンター席があって、
全面ガラス張り、という店舗が、以前から結構あります。

カウンター席に座った時の上半身部分のガラス面に、
シートなどで加工がされていて、
外から分かりづらい、という場合はまだいいんですね。

何もなくて、素通しで顔が見えちゃう、
こんな場所は少なくありません。

最近できた店舗でも、
外の路面から丸見え!
は結構あります。

カウンター席に座るのは、大抵お一人様。

座ってしまえば、
スマホに熱中するのか、
パソコンに向かうのか、
それとも本を読むのか、
居眠りするのか。

いろいろでしょうが、
外から見えることは、
それほど気にならないだろう、
ということなのでしょう。

しかしですよ、
そんなカウンター席の人を外から見てしまったあなたは、
その光景をどう感じるでしょうか。

「気にしないよ」という人は、
増えてきてはいるでしょうね。

しかし「避けたい!」と感じる人も、
まだ結構多いと思いますよ。

外から丸見えのカウンター席に、
自ら好んで進んで座っている人が、
一体どれだけいるのだろうかとも思います。

歩いている人が、
外からカウンター席の人をジロジロ見ていることは、
ほとんどないでしょう。

でもですよ、
外から丸見えの状況を見てしまうと、
自分が座った時の姿が想像できちゃいますよね。

「あんな風に見えるのか。気持ちよくないなぁ」と。

瞬間、こんな風に思うんですよね。

そうなると、
「いやだなぁ、他探そうか」
となることは避けられません。

このような理由で、
カフェに入るのをやめたり、
躊躇したことがあなたにはありませんか?

私にはありますけれどね。

「どんな風に見えているのか」

些細なことですが、
お客様の層によっては、影響が少なくないです。

意外に気にかけていません。
少し気にかけてみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket