Pocket

20161027
blog_furuhata_phote_name FROM:事業と経営を創造し売上アップを実現 ウィズスマイル 降旗

あなたは、
韓国のドラマを見たことがありますか?

以前は時代もの、歴史物、
例えば、チャングムの誓いとか、
イ・サンとかありましたよね。

最近、時々、韓国の現代ドラマに
お目にかかることがあります。

コーヒーを飲みながら一休み、なんてときに、
たまたま見るのですが、、、

見ていると、
主人公だけでなく、登場人物のほとんどが、

「俺がこうやっているのに、
なぜあいつは気がつかないんだ」とか、

「(自分の都合だけ良くなるように)
やってやっているのに、なぜあいつは受け入れないんだ」とか、

「これをやってやっているのに、
嫌がるとは信じられない」とか。

同じようなことを言い合う、考えて不満がたまる、
こんな場面が、ひっきりなしに流れています。

正直、見ている私は苦しくなって、
気持ち悪くなってきます。

胃がムカムカしてきて、
胸が苦しくなってきます。

自分の都合ばかり、
よくもこんなに振り回せるな、と思ってしまうからです。

そしてTVのスイッチを切ります。

で、ふと思いました。

韓国ドラマの状況は、確かに酷すぎます。

もし本当にこんなことが、
日常に繰り広げられていたら、嫌になってしまうでしょうね。

しかしですよ、
私たち自身が、近い状況、似た状況に
なっていることがあるのでは?

相手のせいにして、
不平不満を漏らしている自分に気づくことが、
私にはあります。

最近、気をつけているので、減りましたけれど。

あなたにもありませんか?

相手にたいしてやっている理由を伝えれば、
気がつかないと気をもむことはありません。

相手のことを気にかければ、
やったことが相手に必要なのか、少しはわかると思います。

相手が気づかない、
おかしい、変なのではなく、

伝えることが、
私に足りていないのでしょう。

相手のことを気遣うことが、
私に足りていないのでしょう。

そう考えれば、
不平不満を言う時間はありませんよね。

どのように伝えるのかを考える方が先ですから。

私自身が少し視点を変えれば、
何も問題にも、不平不満にもならないのですけれどね。

あなたが、どのように考えますか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket