Pocket

20161031
blog_furuhata_phote_name FROM:事業と経営を創造し売上アップを実現 ウィズスマイル 降旗

今の仕事の状況をなんとかしたい!
今の業務をよくしたい!
今より良い成果・結果を出したい!

このように思うこと、
少なくないと思います。

私もこのように考えること、
少なくありません。

「今の状況を変えたい!」

このことについて話をすることも、
当然、少なくないと思います。

それで例えば、、、

チラシを配ったらどうだろう?
ダイレクトメールをやればどうなる?
サイトにキャンペーンページを作ろう。

などなど、アイデアを出すこと、
アドバイスをされること、ありますよね。

それに対して、

「チラシは以前配ったことがあるんだけど、
あんまり効果はなかったんだよね」

「ダイレクトメールもやったけれど、
いまひとつだったんだよ」

「キャンペーンページを作っても、
うまくいかなくてねぇ」

と以前の結果を考えること、当然ありますよね。

”そうかぁ、うまくいかなかったのかぁ。
じゃぁ、他の方法を考えないと、、、”
とその場の雰囲気がなりませんか?

でも他の方法は簡単には出ないもので、
その場は行き詰ってしまいます。

「別の機会に考えようか」となって、
ほとんどの場合、それっきりになってしまいます。

これだけ世の中に
マーケティングに関する情報、手法があふれていますから、
ほとんどのやり方、方法をやった経験は、
少なからずあると思います。

チラシを配った。反応が悪かった。

わかりますよ。

ただし、前回はどんな中味のチラシを配ったのか?

この点が、
考える際に足りていないと思いませんか?
十分だとは言えないと思いませんか?

以前の中味では反応が悪くても、
別の中味で行うと、結果は変わるかもしれませんよね。

方法、やり方は大事。
同じように、中味も大事だと思いませんか?

Aの内容を
チラシでやったらこんな結果だった。

だとしたら、
Bの内容をチラシでやると、どうなるのでしょうか?

あるいは、
Aの内容をダイレクトメールでやったら、
どうなるでしょうか?

やり方、方法に注目して、

「以前は結果が良くなかったから、そのやり方はどうかなぁ」

と考えるのは、
成果を得る可能性を
自分で狭めてしまっています

この内容をあのやり方でやった。
今回は、こちらの内容を同じやり方でやろう。
同じ内容を別の方法でやろう。

やり方、方法という、
一つの事象だけで考えずに、
中味を加えて、組み合わせて考えてみましょう

検討できることは、一気に広がりますから。

当然、成果を手にする可能性は、広がりますよね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket