Pocket

こんにちは。

モチベーションと売上を一度にアップする専門家
ウィズスマイル 降旗(ふるはた)です。

先日、知人の社長さんと話しをしていたときのことです。

社長:そうだ、いい機会だから、
ちょっと質問しておきたいんですけれど、
よろしいでしょうか?

降旗:なんでしょうか?

社長:ちょっとわからなくなったんですけれど、、、

経営戦略ってありますよね。
この「戦略」をどのように理解したらいいのか、
わからなくなってしまったんですよ。
戦術との関係もあやふやですし。

降旗:それは、悩ましいことですよね。

社長:これがはっきりしないと、
経営戦略も事業戦略も、
どう考えたらいいのか、
よくわからないですし、、、

 

■ よくある戦略の定義

降旗:ネットなどで、調べてみましたか?

社長:ググってみたんですけどね、、、

(社長はメモ帳を見ながら、、、)

「戦略は大局的視点とかマクロで、戦術は局地的、ミクロ」
ということらしいです。

「個別の戦闘が優位になるように全体を指導する術策が戦略で、
戦術は戦闘部隊を指揮統制する術策のこと」ですって。

「経営では、上層部の経営陣が策定するのが戦略で、
戦略を受けて個々の現場が策定するのが戦術」、
と書いてありました。

降旗:ありがちな説明ですね。

社長:理屈はそうなのでしょうが、
大局・マクロと極地・ミクロの線引きはどうやるのでしょう??
作る人によって戦略と戦術に区別されるというのは、
実際、何を作ると戦略なんでしょうね?
よくわからないんですよ。

降旗:そうですよね。
漠然とした説明で、
よくわからないですよね。

社長:そうなんですよ。
経営では、戦略と戦術はどう考えたらよいの?
戦略と戦術では、検討する中身は同じなのでしょうか?
違うのは、詳細度だけなのでしょうか?」

降旗:山のように疑問が出てきたってわけですね?

社長:そうなんですよ。
調べれば調べるほど、
なんかわからなくなってしまうんです。
いい機会だから、
質問をしておこうと思いまして、、、

降旗:なるほど。では、、、
不思議に思いませんか?

社長:えっ?何が不思議なんでしょうか?

降旗:戦略という言葉があふれかえっていますよね。
経営戦略、事業戦略だけでなく、
販売戦略に営業戦略、
マーケティング戦略にコミュニケーション戦略、
物流戦略にメディア戦略、人事戦略、、、

社長:確かに。なんとか戦略というのは多いですね。

降旗:でしょう?
なんとか戦術というのを聞いたことありますか?

社長:あっ、戦術のほうですか?
なんとか戦術というのは、
ほとんど聞いたことないですね。

降旗:不思議でしょう?
戦略は語るけれど、
戦術としては誰も語らないのですね。

社長:確かに、不思議ですね。

降旗:戦略と戦術が明確に区別できていないので、
戦術に当たることを、
なんとか戦略と言っているんですね。

『○○戦略』というと、
高尚に聞こえるし、格好がいいですからね。

 

あなたは、経営における「戦略」「戦術」を、
区別できますか?

この区別と違いがわからないから、
検討してできあがる、
経営戦略・経営計画がグズグズになるのです。

苦労して作っても、
むなしく、役に立っていないなぁと、
感じるのです。

 

■ 戦略で検討する要素

戦略の重要な要素は、
ゴールを明らかにし、
ゴールに辿り着く経路と通過点(あるいはマイルストーン)、
スケジュールを設定することです。
「戦略」の発祥元、戦争で考えると、

・どの都市を最終的に攻略するのか?

・ゴールの都市を攻略するために、
どの街道を辿り、
途中のどの都市をどの順番で攻略するのか?

・いつ、通過点(あるいはマイルストーン)、
ゴールに辿り着くのか?

・それぞれの実行に、
どのような資源をどれだけ投入するのか?

を決めることです。

このゴール設定に際し、
通常は複数のゴールが考えられます。

戦略を検討する際には、
複数のゴールから、
目指すゴールをひとつに選び、
しぼり込む必要があります。

戦略を実行する「資源」には、
常に限りがあるからです。

複数のゴールに、
一度にたどり着ければ最高です。
たくさんの結果を一度に手にできるわけですから。

現実には、
投入できる資源では、
一度にたくさんのゴールを手にすることは、
困難な場合がほとんどです。

限られた資源を有効に活用し、
最大限の効果を得るためにどうするか?

どのゴールにたどり着けば、
最大の効果・成果を得られるのか?

このことを考え、決めます。

ゴールが定まったとしても、
辿り着く経路、通過点が複数考えられます。

投入できる資源を考えた場合、
どの経路からも進み、
全ての通過点を経てゴールにたどり着くことは、
容易なことではありません。

というより、通常、不可能です。

経路も通過点も、
絞り込み、選ぶ必要があります。

ゴール、経路、通過点を選ぶ際に、
トレードオフ(二律背反)、
に対する決断が発生します。

戦略の検討は、
このように選択を繰り返すことです。

 

■ 皆さんが良く聴く「あれ!」です

これは「やること」と「やらないこと」を、
明確に区別することを意味します。
皆さんが良く聴く「あれ!」です。

「あれ!」とは、

「選択と集中」

の事です。

経営あるいは事業を対象に、
やること、やらないことを検討し、
明確にした結果が、
「事業戦略・経営戦略」に相当します。

「やること」と「やらないこと」を選ぶとは、
経営資源の配分をおこなう事でもあります。

今やっているけれど、
今後「やめること」から、
どれだけの資源を引き剥がせるのか。

そこからどれくらいの資源を、
「やること」に投入することができるのか。

この過程は「戦略の検討」の最終段階です。

「戦略」は「経営資源」と強烈に関係した事項です。

「戦略」は「資源配分」と密接につながるので、
戦略を実現することができます。

単に「理論・理屈」を並べた戦略は、
実行のための資源が手当てできず、
おこなわれることがありません。

実行したとしても、
立ち行かなくなってしまいます。

 

■ 見たことがない!?

戦略の説明で、
ミクロ、マクロを論じている限り、
戦略を検討することはできませんよ。

ミクロとマクロの線引き、
どこで区分けするのか、
わからないからです。

その結果が、
なんでも「戦略」といえばよい、
という風潮を生み出し、
なんとか戦略が世の中にあふれかえっています。

戦略の核は、
選択肢の中からゴールを定め、
ゴールに至る経路と通過点(あるいはマイルストーン)を定め、
それを実現するための資源を配分することにあります。

あなたの会社の、
経営戦略、事業戦略を振り返ってください。
「あれをやる、これをやる」と、
イッパイ書いてあるでしょう。

では、、、

「これはやらない」
「これは(徐々に)手を引く」
という事項が検討され、
戦略の中に記載されているでしょうか?

やることについて、
どのくらいの資源を割くか検討しているでしょうか?

「やらない」「手を引く」部分から、
どのくらいの資源を他へ回すか、
検討しているでしょうか?

このような内容が、
経営戦略・経営計画の策定に関する、
セミナーやビジネス書で見たことがありません!

こんなことはお構いなしです。

ゴールだけが掲げられ、
ゴールへ至る経路や通過点(あるいはマイルストーン)は不明。

あとは実行時に考えてね、
と放り投げている戦略が少なくありません。
多くの会社が手にしている経営戦略、事業戦略。

作った効果を、
感じていない経営者の方。
少なくありません。

それは、
戦略の意味、戦略の本質、戦略の要素、
を知らずに作っているからです。

今回お伝えした内容で、
経営戦略、事業戦略を検討すると、
今までとは全く異なる戦略の中身を、
あなたは目にすることになりますよ。

 

あなたの意見・感想を聞かせてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket