Pocket

 

モチベーションと売上を一度にアップする専門家
ウィズスマイル 降旗(ふるはた)です。

経営や事業の計画を一所懸命に作っても、
中身が実行されずに、
成果・結果がでない原因。

そのひとつは、
計画の内容が、
仕事に関する人の資源配分まで検討されておらず、
実行しようにも、
現場には余力がない状態だからです。

参照:計画があっても成果・結果がでない理由

 

もう一つ、
計画内容の実行を妨げる、
とても重大な原因があります。

今回はそのお話し。

 

■ お任せします 

それは、、、

計画内容を詳細な実行計画にして、
実際に実行することを、
担当部署に「お任せ」しているからです。

方針・方向性、戦略の概要、
経営レベルでの計画内容を、
担当部署に説明しますね。

その後は、
「実施計画を実際に作って、
実行してください」
と、実施部署に「お任せ」にしていませんか?

例えば、

「今期は、新規の顧客獲得を強化する」

という経営方針を実現することについて、
考えてみましょう。

営業部門の責任者にこの方針を伝えますね。

そして、
「計画や具体的な施策を検討して、
今期中に実行して目標を達成してくれ」
と指示をしますよね。

 

*いつまでに「実行計画」をつくるか、期限を定めていません。

故に、いつまで経っても実行計画はできてきません。
例え実行計画ができたとしても、
報告されることはありませんね。

 

*具体的に検討した施策内容・実施計画を、
経営者は見ていますか?

施策や実施計画の中身を確認していないので、
実行計画の有無だけでなく、
計画の実現性、実効性がわかりません。

よくあることは、
実施部門の計画も抽象的な内容。

実施担当者がウーンウーンと唸り、
実施内容がハッキリせずに悩むだけ。
悩んだあげく時間切れで、
実行に至らないわけです。

 

*他部門との協力が必要な事項があったとしても、
部門間調整が進みません。

部門間調整は面倒です。
担当者レベルでは、協力することが、
困難な場合も少なくありません。

部門間の調整が進まないことを理由に、
これ幸いと実行には至りません。

 

*実施状況・進捗の確認方法を定めていません。

実施しているのか?どこまで進んだのか?
客観的に確認しないことを幸い、
いろいろ理由をつけてやりません。

というより、現場も、
どこまで進んでいるのか、
良くわからないことが多いですね。

 

*実施結果の把握方法を定めていません。

実施しても実施しなくても、
結果が分かりません。
「実施したが結果が出なかった」との、
ボンヤリした報告で、
オシマイにしてしまいます。

 

*実施状況の報告・チェックについて、
定めているわけではありません。

尋ねられるまで報告しません。
というより、期限があっても、
報告や提出を守りません。

ある意味、社員は舐めているのですね。
そして、、、
計画内容は、
実施されないまま期末を迎えます。

 

■ あなたは鵜匠!

施策が実施されない大きな原因、
根本に渦巻いている原因は、
現場に全てを任せ、
施策の実行状況をコントロールしない、
「任せっ放し」です。

この点に気づいて打破すると、
施策が実施され、
結果・成果につながります。
長良川の鵜匠のアユ漁をイメージしてくださいね。

実際に、川に潜って、
くちばしをつかって、
上手にアユを捕まえるのは鵜です。

どうやってアユを見つけ、
捕まえるか?

それは、鵜に任せています。

ただし、、、

鵜には引き綱がついていて、
あらぬ方向に鵜が行くことが、
できないようにしていますね。

アユを捕まえたら、
引き寄せて、
アユを吐き出させますよね。

そしてまた、鵜を川に放ちます。

あなたはアユ漁の鵜匠です。
部門や社員は鵜です。

もし、鵜匠が、
鵜を野放しにしていたら、
あなたは鵜が捕まえた、
高級アユを口にすることができるでしょうか?

野放し鵜は、
捕まえたアユを、
飲み込んでしまうでしょうね。

何匹か飲み込んだあと、
川面を漂って休むでしょうね。

鵜匠はアユを手に入れることができません。

野放し、任せっぱなしは、
成果・結果につながりません

野放し、任せっぱなしにならないように、
引きツナをつけて、
社員をうまく動かすことです。

部門や社員を自由に動かし、
上手に能力を引き出しながら、
引き綱を使って、
締めるところは締めて、
結果・成果につながるようにしますよ。

何をすれば、
あなたの仕事では、
鵜匠の引き綱になるでしょうか?

実行計画の中身を把握し、アドバイスすること。
報告させること。
結果・成果を定量的に捕らえること。
他部門と協力関係を作ること。

どれもこれも、引き綱になりますよ。

 

あなたの意見・感想を聞かせてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket