「できる社長・経営者」になって売上アップ、社員のモチベーションアップ。継続・成長する事業承継の実現。視点・考え方・実現方法を大公開。
具体的な考え方・方法

やる気を出す

社員がやる気を出す「評価されている事実」

経営者、上司・管理職が、社員の仕事を評価していない状況で、社員がやる気を出すでしょうか?経営者・上司・管理職が評価していることを社員に伝えるには、どうするでしょうか?

社員がやる気を出す「お客様の評価」

社員がやる気を出すための要素は、「期待」と「将来像」でした。さらに「お客様からの評価」が重要な要素になります。実際には「お客様からの評価」が活用できていないものです。

社員がやる気を出す「将来像」は自分で描けない

社員がやる気を出すには、自分自身の将来像があること。その将来像を描くことは、社員自身では容易にはできません。将来像を描き、それに向けた行動をするには、詳しい中身が必要だからです。

社員がやる気を出すには「将来像」

社員のやる気を出すには、期待、期待により生まれる居場所に加えて、将来像が必要です。将来像があるから、やる気を持って社員は今の仕事に取り組むことができます。

社員がやる気を出すには「居場所」が必要

社員のやる気をだすには、社員の「居場所」を会社の中に作り出す必要があります。「居場所」がないから、会社を辞めて転職しようとします。

社員は「期待」でやる気をだす

目標数値を設定して、社員個々人に数字を割り振っていることでしょう。その目標達成が、社員のやる気を出すことに繋がることはありません。社員がやる気をだすには「期待」が必要だからです。

「やる気を出す」社員は誰か?

社員のやる気を出すために、よくある方法をやっても成果は得られません。やる気を出すには、効果のある人達に対して、施策を行う必要があります。その人たちのひとつが管理職なのですが、やってもうまくいきません。なぜなら、、、

「事業をどうしたいのか」があれば、社員のやる気は出る

あなたの会社に経営理念があっても、Jリーグが1998年に、理念を素に危機を乗り切ったようには機能しないでしょう。たとえ唱和できたとしても、幾つかの視点がかけているからです。理念を機能させるには。

伝える事柄で社員のやる気は引き出せる

社内に溢れる「◯◯もどき」の社員から、仕事への「やる気」をもって取り組む社員に変えるためには、個々の社員に伝えることがあります。この点を伝えている会社も上司も、ほとんどありません。何を伝えるのかというと、、、

「社員のやる気をだす!」コツをわかっている?

社員のやる気を出すには、インセンティブを与える、社内活動の企画実行を任せる、目標を設定する、といった方法が一般に言われますが、成果に繋がっているとは言いにくいです。やる気をだすために必要なこととは。

1 2 »
お問い合わせ先

売上・やる気をアップする具体的な方法をこの本の中で明らかにしています。

 
実際にどのように考え、どのように実行して、売上・やる気をアップするのでしょうか。その具体的方法をこの書籍の中で詳しく示しています。 
本の画像をクリックしてください!

売上アップの無料レポート
通販のシステム・物流構築を全部まとめて対応!

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ウィズスマイル(WithSmiles) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.