「できる社長・経営者」になって売上アップ、社員のモチベーションアップ。継続・成長する事業承継の実現。視点・考え方・実現方法を大公開。
具体的な考え方・方法

事業承継 課題

事業承継の3つの課題と解決方法

事業承継を上手く進めるには、3つの課題があります。世の中では、勘違いしていることも含まれています。この3つの課題を認識して、それぞれに対応し実践すると、事業承継後も継続、成長するように、事業を後継者に継がせることができますよ。

事業承継の課題。「なんとかなる」ことはない!?

事業承継に関する事柄は、時間があると思うから、先送りしてしまうことが少なくありません。時間があるから「なんとかなる。なんとかできる」と考えてしまうからですね。しかし、なんともならないのが現実です。「なんとかなる」ことを実現するには、重要な事が足りていないからです。足りていない点をお伝えします。

事業承継の課題。「後回しにする」ことの解決法

事業承継に関することは、重要なのだけれどなかなか進まないことが少なくありません。実際の事業承継までにはまだ時間があるから、やらずに放ってしまうのですね。このようになる理由は、優先度の考え方が適切ではないからです。一般に言われる「優先順位付け」は変ですよ。本当の「優先度」の付け方をお伝えしますね。

事業承継がうまくいかない課題を乗り越えるポイント

事業承継には多くの課題があると言われています。中小企業の7割は事業承継に失敗しているとも言われます。なぜ事業承継は難しいのでしょうか?いろいろな理由が挙げられているようですが、根本は、経営承継のやり方がわからないからです。この課題を乗り越える方法をお伝えします。

事業承継の課題はバトンの有無だ!

事業承継がうまくいかないのは、バトンを後継者が受け取れず落としたからとも言われます。事業承継はバトンなのですが、そのバトンがどのようなものか、説明できずに雰囲気で使っています。事業承継において受け渡す「バトン」とはなにか。なぜそれが受け渡されないのかを明らかにします。

事業承継の課題。後継者の役割

赤字事業の会社を継ぐ、事業承継をする後継者は、覚悟を決めて、経営について学び、事業の経験つむことが役割、準備だと、私も以前は思っていました。これだけだと上手くいきません。経営を学ぶことより、後継者がやっておくべき内容をお伝えします。

事業承継の課題。今の経営者の役割

事業承継は、後継者が主役だとよく言われます。だからこそ、後継者は熱心に学び、経験を積むことが必要だと。しかし、事業承継を成功させるには、現在の経営者・社長の役割があります。

事業承継の課題って、、、ズレている!?

事業承継の課題。常識として示されるのは、1.後継者の選択、2.資産、負債の継承、3.経営の継承。3番目の経営の継承の中身を見てみると、、、常識が現実からみてズレていることがわかってきますよ。本当に経営の継承で必要なこととは。

お問い合わせ先

売上・やる気をアップする具体的な方法をこの本の中で明らかにしています。

 
実際にどのように考え、どのように実行して、売上・やる気をアップするのでしょうか。その具体的方法をこの書籍の中で詳しく示しています。 
本の画像をクリックしてください!

売上アップの無料レポート
通販のシステム・物流構築を全部まとめて対応!

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ウィズスマイル(WithSmiles) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.