「できる社長・経営者」になって売上アップ、社員のモチベーションアップ。継続・成長する事業承継の実現。視点・考え方・実現方法を大公開。
20160815
具体的な考え方・方法

人材

人を活用する際に重要なコト

From:事業承継における 「経営承継と後継者育成」実現士 降旗 利弥 本日は、 人材の活用のしかた です。 次の中国の故事をご存知でしょうか? 「孔子」の孫の子思(しし)が、 衛(えい)の国の王に仕えていた時。 子思が …

20160815

人の採用で成果を得るために経営者・社長に必要なこと

会社にとって有益な人材を採る機会を、経営者・社長自身がいとも簡単に逃しています。しかし、経営者・社長はそれに気づかず、他にもっと良い人材がいるのではないかという思い違いをしています。

20160706

社員の採用結果を経営者・社長は受け入れる

「能力に疑問があり、仕事が遅く、しかし給与が高い社員をなんとかしたい」と考える経営者・社長、役員の要望。採用の経緯を聴くと、経営者としてどうなのだろうかということばかりです。

20160623

社員を活かせるか、社員が去るかは最初に決まっている!

社員を採用するが、同数かそれ以上に社員が辞めていくことに悩む会社は少なくありません。社員を活かせなかった結果なのですが、採用時点ですでに社員を活かせるか活かせないかは決まってしまっています。

20160622

経営者・社長が見落とす社員「1+1<2」の現実

経営では「1+1>2」になるとか、2を超えるようにしようという話がありますが、現実は「1+1<2」です。しかも対象が増えるほどに減少する度合いは増します。それには理由があるからです。

20160606

「今の社員を活かすこと」が経営者・社長の課題!

「もっといい社員に来て欲しい」と思う経営者・社長は少なくないと思います。できる人を採用をしても、遅かれ早かれ辞めてしまいます。「良い社員がこない、会社にいない」ことが課題ではないからです。

20160520

「人材がいない、育たない」からの脱出

「うちには人材がいない」「人材が育たない」経営者・社長、後継者のあなたは、一度はこのような事を考え、口にした事があるでしょう。社員研修、人事考課、人材採用の改善をおこなっても、状況は何も変わりません。その理由と改善方法は。

経営・事業で成果を生む人材は誰か?

経営、事業で成果を出すには、「何をするかよりも誰とするか」が重要でした。その時、「誰」はあなたの会社の社員でなければならないのでしょうか?もし「社員でなくても」と考えれば、対象も選択肢もぐっと広がるのですが。

どのような人材を選び出すと成果を手にできるか?

経営者・社長、後継者のあなたが必要とする「できる人」はどのような人を指しているのでしょうか?社内にも「できる人」は少なからずいるのですが、あなたは捜し出せていません。どのように考えると見つけ出すことができるでしょうか?

年齢で人材の採用を決める!?

ほぼ同じ評価の二人の人材がいたら、自分より年上と年下、どちらの人を採用するでしょうか。年齢は関係ないと言いながら、心の隅で年下の方が楽と考えている経営者・社長、後継者は少なくありません。年下を選ぶというのは、、、

1 2 »
お問い合わせ先

売上・やる気をアップする具体的な方法をこの本の中で明らかにしています。

 
実際にどのように考え、どのように実行して、売上・やる気をアップするのでしょうか。その具体的方法をこの書籍の中で詳しく示しています。 
本の画像をクリックしてください!

売上アップの無料レポート
通販のシステム・物流構築を全部まとめて対応!

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ウィズスマイル(WithSmiles) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.