「できる社長・経営者」になって売上アップ、社員のモチベーションアップ。継続・成長する事業承継の実現。視点・考え方・実現方法を大公開。
具体的な考え方・方法

強み

経営者・社長、後継者がSWOT分析を使い切るには?

経営戦略を導き出す際に用いるSWOT分析。もちいるからには、使い切るための観点を知ってください。この観点を知らずにSWOT分析を行うと、労力が無駄になるばかりです。

経営者・社長、後継者はSWOT分析の落とし穴を知りましょう!

SWOT分析。経営戦略を導き出す際に用いられる手法の一つ。ただし、強み、弱み、脅威、機会の関係性を十分に理解していないと、有効な戦略を導き出すことが難しくなります。その関係とは。

「強み」は「弱み」、「弱み」は「強み」かも!

経営戦略、経営計画を考えると、「強み」、「弱み」の検討が出てきます。「強み」「弱み」を洗い出せたとして、そのまま受け入れれば、成果につながる戦略や計画を作り出すことができるのでしょうか?実際には難しいです。なぜなら、、、

経営者・社長、後継者が「弱み」と決めるポイント

あなたの会社、事業の「弱み」を考える際には、競合と比較して弱い、売上・収益への貢献度が低いという観点とは別の視点で自社の「弱み」を見つける必要があります。その視点とは。

「強み」ではない事柄は「弱み」なのでしょうか?

経営・事業では「強み・弱み」に注目します。「強み」についてはわかったとして、では、「弱み」はどのように考えますか?「強み」以外のことは「弱み」と捉えてもよいのでしょうか?それとも、別の観点で考えるのでしょうか?

「強み」の判断で経営者・社長、後継者が使う基準

考えている内容が、あなたの会社の「強み」なのかどうかを評価するには、いくつか判断基準となる観点があります。この観点を用いていないから、なんとなくの強みとなってしまい、経営の成果・業績の向上に活かす事ができません。

経営者・社長、後継者にとって「強み」ってなんだ?

経営、事業の検討を行うと、必ず「強み」という言葉がでてきます。あなたの会社・事業の「強み」とは、どのようなことを指すのか解っているから、成果につなげることができます。多くの場合、解っていないから活かすことができません。

お問い合わせ先

売上・やる気をアップする具体的な方法をこの本の中で明らかにしています。

 
実際にどのように考え、どのように実行して、売上・やる気をアップするのでしょうか。その具体的方法をこの書籍の中で詳しく示しています。 
本の画像をクリックしてください!

売上アップの無料レポート
通販のシステム・物流構築を全部まとめて対応!

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ウィズスマイル(WithSmiles) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.