「できる社長・経営者」になって売上アップ、社員のモチベーションアップ。継続・成長する事業承継の実現。視点・考え方・実現方法を大公開。
Bizvektor-top_rev_V1.0

売上アップ

  • HOME »
  • 売上アップ

事業の売上が低迷している。伸びない。停滞が続いている。

このような状態で、経営者・社長、後継者は、
どのような対応策を講じるでしょうか。

「安売り」すればたくさん売れる!?

売上が上がらないのは、
多くのお客様の関心を引かないから、たくさん買っていただけないんだと考えます。

お客様の関心を引き、たくさん買っていただくには「安売りだ」となりますが、
実際のところ、安売りをおこなうと、
あなた自身の首を自分で締めることになります。

「安売り」は苦しくなるだけ!

安売りは避けたほうが良いですよ。
結局、大資本には価格では勝てない、勝つのは容易ではないからです。

 

差別化すればよくなる!?

次に言われることは、「競合と差別化する」です。

自動車販売店で、オイル交換の無料サービスをつけるとか、
愛車セットを無料にする、というようなものです。

あなたから買うとおまけのサービスが特別に提供される、
というようなことです。

実施した当初は、お客様を引き寄せ、売上アップにつながります。
しかし、しばらくすると、売上は元に戻ります。
以前より売上が減少することも少なくありません。

なぜなら、あなたの無料サービスを見て、
競合が同じことを仕掛けてくるからです。

主要道路沿いの車販売店が、
どこもかしこも「オイル交換3年無料」なんてのぼり旗を掲げています。

リアルの店舗でなくとも、ウェブの世界でも同じです。

すぐにマネをされてしまいます。
同じ無料サービスが提供されるとなれば、
「差別化」は「差別化」にならずに、
すぐに均質化になってしまいます。

 

営業・マーケティングを強化しよう!

そこで、営業を強化しようと、提案型するとか、接客をよくする、
ということを始めます。しかし、やった割には成果・結果につながりません。

マーケティングが重要と言われるので、一所懸命に勉強します。
しかし、やろうと思っても、かなり難しいですよね。

SWOT分析注1)、3C分析注2)、4P分析注3)
などをやってみるのですが、
いまひとつ中身がよく分からないし、なにしろ難しい。

ネットなどで検索すると、スマホサイトで売上アップとか、
これからは動画、コンテンツマーケティングが重要、
などのセミナーや教材を受講。
やってみるけれど、謳われていたような成果はでないものです。

 

注目するのは「価値」

あれをやってもうまくいかない。
このマーケティング手法も成果が出ない。

このような状況を打開するためには、どうすれば良いでしょうか?
当社のクライアントは、トップページで幾つか示したように、
業界やその地域で驚くような成果を出し、
後からマネをしてきた競合が結局撤退する中、ほとんど影響を受けていません。

なぜなら、当社のクライアントは、
「事業の価値」に着目し、これを事業の土台に据えて施策を行っているためです。

「事業の提供価値」を実現するために、
施策を組み合わせ、効果が出るようにしているからです。

競合がどんなにやり方や見せ方を研究してマネをしても、
それは表面上、競合に見えるだけのことなので、
提供できる「価値」に差があるからです。

経営者・社長、後継者のあなたが、
あなたの事業の価値を明らかにし、
経営、事業に活かすと、容易に成果を手にできるようになります。

あなたは、経営・事業で売上アップを実現したいでしょうか。
それとも、今まで同様、売上アップに悩み続けますか?

 

すぐに明らかにしましょう!

あなたには「できる社長に」になり、
成果をドンドンあげて、売上アップを手にして欲しいと私は考えています。

あなたはどのような問題点を根本に抱えているのか。
どのような課題を解決する必要があるのか。

この点を明らかにして適切な解決策を講じるから、
今の状況を変えることができます。

今まで、改善・対応を行っても成果が出ない事例をたくさん見てきました。

成果にたどり着かない理由は、
問題・課題を生み出す原因となる問題点が明らかにならないうちに、
お手軽、お手頃、すぐに考え付く対策、改善を行っているからです。

例えば、

社員が業務を行う際に社内のルール(承認経路や記載内容)を守らないので、
手戻りや不適切な書類、承認が行われていたとします。

この状況を改善するために、
社員がルールを守らない原因としてたどり着く内容は、

社員がルールを理解していない、知らないから

です。ここから導き出される解決策は、

社員に正しくルールをわからせるために社内研修を行う

というものです。そこで社内研修をこないます。

実施した当初はルールが守られますが、
すぐに元に戻り、ルールは守られないくなります。

あなたの会社でも、同じようなことが起きているのではないでしょうか。

この場合の原因となる問題点は、
社員がルールを知らない、わからないことにあるのではありません。

ルールに従わなくても処理できてしまうことが原因です。
この部分に手を打てば、容易に社員はルールに従った処理をするようになります。

自分で考えていると、前者のような落とし穴にハマりやすくなります。
適切な相談をすると、原因がどこにあるのか気づくようになります。
気づけば、適切な対応策・改善策は考え付きます。
実践して、結果を見て改善を加えれば、問題・課題は解消します。

原因となっている問題点を明らかにする「個別相談」の機会を設けました。

SkypeあるいはGoogle Hangoutによる「IP電話」を用い、
約30分、無料で行います。
東京近郊でお会いする日程が調整できた場合は、リアルでお会いすることも可能です。

以下からお申し込みください。

ご安心ください。

相談の際に、営業、売り込みはしません。
問題点が明らかになったのちに、
どのように対応するかはあなたがご自身が決めることです。
相談お問い合わせ

 

注1)SWOT分析
外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析する経営戦略策定方法の一つ

注2)3C分析
「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」について、外部環境の市場と競合の分析から鍵となる要素を見つけ出し、自社の戦略に活かす分析方法

注3)4P分析
“Product”(製品)、“Price”(価格)、“Promotion”(宣伝)、“Place”(立地、流通)の4つの観点から企業や事業の競争力を分析する際の考え方の枠組みの一つ

 

お問い合わせ先

売上・やる気をアップする具体的な方法をこの本の中で明らかにしています。

 
実際にどのように考え、どのように実行して、売上・やる気をアップするのでしょうか。その具体的方法をこの書籍の中で詳しく示しています。 
本の画像をクリックしてください!

売上アップの無料レポート
通販のシステム・物流構築を全部まとめて対応!
  • facebook
PAGETOP
Copyright © ウィズスマイル(WithSmiles) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.